たびレポ ~添乗員・企画担当レポート~

ゆったり巡る!!イスラエル・ヨルダン10日間 のたびレポ
ゆったり巡る!!イスラエル・ヨルダン10日間

添乗員/鳥飼 智絵(とりかい ちえ)

私が企画に携わった「ゆったり巡る!!イスラエル・ヨルダン10日間」にご一緒してきました!
10名様でのご案内で、旅程も、ヨルダンの世界遺産ペトラ遺跡はもちろん、イスラエルでは死海での浮遊体験やエルサレム・ベツレヘムでの観光と、イスラエルとヨルダンの素晴らしい魅力をゆったり体験していただける内容でした。また、現地ガイドにつきましても西郷さんというイスラエル国籍を持つ、説明が解りやすいと大変好評で、充実した10日間となりました。

1日目

2017年5月18日(木)
いよいよ楽しみにしていたヨルダン•イスラエルツアーの始まりです!
今回は関東から3名様、福岡から4名様、大阪から2名様、広島から1名様と全国から集まったお客様10名様での旅行です。
今日の午後に東京都心で急な大雨が降ったため、国内線が少々遅れましたが、無事20時全員成田空港に到着しました。航空機は往復カタール航空を利用します。カタール航空は「5つ星航空会社」(スカイトラックス社認定)で快適な空の旅をお楽しみいただけると思います。

成田空港22時20分発のカタール航空でいよいよ出発です!!

2日目

2017年5月19日(金)
ドーハで約4時間の待ち時間長がったですが、早朝4時でもほぼ全てのお店がオープン!
ドーハ凄いです・・・成田空港も頑張って下さ~い!笑

予定より少々早めにヨルダンのアンマン クイーンアリア空港に到着しました。前国王フセイン一世の第3王妃が1977年ヘリコプターの事故で亡くなり、その王妃の名前が1983年開港の空港名となり1983年に開港しました。
入国は私達のアシスタントにパスポートを預け楽々入国です♪
今回はヨルダンのガイド モハメッドさんとイスラエルのガイド 西郷さんが案内してくれます。

バスに乗り、早速モーセゆかりの地ネボ山へ!
モーセは乳と蜜(ナツメヤシ)の溢れる約束の地カナンを見下ろしながらここで息を引き取ったという。
マバダの聖ジョージ教会の床には6世紀のパレスチナ地図がモザイクで描かれています。
エルサレム、ベツレヘム、死海、ヨルダン川、エリコ、シナイ山…素晴らしい地図です。

そしてペトラのホテルへ。
明日の観光も楽しみです♪

ネボ山モーセ教会

6世紀のパレスチナ地図

3日目

2017年5月20日(土)
今日は終日でペトラ遺跡を楽しみます♪
ヨルダン国内で1985年初めて世界遺産になった所でも有り、映画「インディジョーンズ最後の聖戦」の舞台でも使われました。
ホテルからバスでペトラビジターセンターまで約10分、その途中モーゼの兄アロンが亡くなった場所と言われるホル山も見えます。日差しはとても強いですが、乾燥しているので日陰はとても涼しく、わずかな日陰に入りながら遺跡を歩きます。
ここは紀元前1世紀頃からナバテア人の有力都市として栄えた場所で、大地の割れ目シークを歩いて行くと崖を彫って作った高さ43メートルもある霊廟エル・ハズネがいきなり現れます!
ローマ劇場も岩を削り作られていました。

その後、入口から約4キロメートル歩いてバイキングの昼食

そして午後は約800段の階段を上り、エド・ディルからイスラエルを眺めました。
ラバやラクダが走り、まるで2000年前にタイムスリップした様な1日でした!

エル・ハズネ

大地の割れ目 シーク

4日目

2017年5月21日(日)
暫くの間ヨルダンとお別れし、イスラエルへ
ペトラから約2時間砂漠地帯を走りヨルダンのアカバから出国です。アカバはヨルダンで唯一海に面している港湾都市でイスラエル、サウジアラビア、エジプトを結ぶ海上交通の要所で、アラビアのローレンスの舞台にもなっている町です。
出国税を払い無事にヨルダン国境通過し、スーツケースをゴロゴロ200メートル引っ張って歩いて行くとイスラエル国境エイラットです。
両国境通過で約1時間。無事に通過し、お昼まで少々時間があったので地元のスーパーマーケットでワインや塩などのお買い物が出来ました♪ 支払いはVISAカードやマスターカードで大丈夫です。

午後はエイラットの水族館でサメ、大きな海亀、カラフルな魚たちに癒され、隣にある紅海のビーチで足だけ入りました。紅海の直ぐ先にはヨルダン、そしてその奥にサウジアラビアの山々も見えています。
紅海はとても美しく足元から2、3メートル先には優雅に熱帯魚が泳いでしました♪

エイラット水族館

イスラエルエイラットより美しい紅海とヨルダン

5日目

2017年5月22日(月)
エイラットから約45分キブツヨツバタ経営の休憩所でトイレ休憩。
暑くなったのでアイスクリームが大人気でしたが、とても大きくて2人でも食べきれません!!

キブツは集団農業で、皆んなで助け合って生活するという団体です。キブツ内には映画館、学校も有るそうです。現在イスラエル国内には273のキブツがあり、約30万人の人々がキブツで生活をしています。

美しいネゲブ砂漠を走り、ミツベラモンのクレーター展望へ
巨大な浸食作用による円形の谷で深さは約400メートル。1億年前の地層が見られる貴重な場所です。

その後ホテルチェックイン後に、ホテルから歩いて5分でいよいよ「死海」で浮遊体験!!
塩分濃度が35パーセント!!!海の塩分は平均3.4パーセントなので本当によく浮きます。
傷がある方は要注意ですね・・・

ロトの妻の塩柱

ホテル前の死海で浮遊体験

6日目

2017年5月23日(火)
朝一番にマサダの観光。
ここは紀元70年ローマ軍により追いつめられたユダヤ人が最後にマサダ要塞に立てこもり、その抵抗は3年にもなりましたが、最後は7人の女子供を除き全員自決してしまうという悲しい話があります。

マサダを出て約30分パレスチナ暫定自治区に入りクムランへ立ち寄りました。
紀元前2世紀クムラン教団が共同生活をしていて、ここで紀元前1世紀の死海写本200卷発見されました。
その後紀元前8800年に出来た世界最古の町エリコへ
今から約3000年前モーセに率いられてエジプトを出たイスラエルの民は40年間砂漠をさまよった後、モーセの後継者であるヨシュアの指揮下でカナンの地で最初に攻め込んだ町がこのエリコでした。

午後は、パレスチナ暫定自治区を出て、聖母マリアがイエスを身ごもったことを大天使ガブリエルに告げられた場所でもあり、イエスが両親と暮らした場所でもあるナザレとイエスが初めて奇跡を見せたカナの婚礼教会を見学しました♪

要塞都市マサダから死海の眺め

ナザレの受胎告知教会

7日目

2017年5月24日(水)
午前はティベリア観光です♪
琵琶湖の4分の1の大きさのガリラヤ湖の周りにはイエスにまつわる場所が沢山あります!
約30分の遊覧船からは沢山の教会、ゴラン高原も見えました。

「心の貧しい人は、幸いである、天国は彼らのものである。
悲しんでる人たちは、幸いである、彼らは慰められるであろう。
柔和な人たちは、幸いである、彼らは地を受け継ぐであろう。……」の
有名な説教をしたと言う山上の垂訓教会をはじめ、パンと魚の奇跡の教会、ペテロの召命教会、カペナウム、2000年前の古代船も見ることができました♪

お昼は聖ペテロの魚をいただきました。

午後はイエスが洗礼を受けたヨルダン川のカッサル・エル・イェフードに立ち寄りました。
イエスが洗礼を受けたのはヨルダン側との事ですが、川幅約3、4メートルしかないのでヨルダン側で川に入っている人達も直ぐ近くに見えます。

エルサレムの町を通過し、今日から2泊パレスチナ暫定自治区内ベツレヘムの旧宮殿シャンシールパレスインターコンチネンタルに宿泊です。

ガリラヤ湖から見つかった2000年前の古代船

イエスが洗礼を受けたヨルダン川(手前がイスラエル側奥がヨルダン側です)

8日目

2017年5月25日(木)
今日はエルサレムとベツレヘム観光です!
シオンの丘でバスを降り、城壁の外側にある最後の晩餐の部屋とダビデ王の墓へ。
最後の晩餐はコの字のテーブルで寝そべっていたりしたそうです。
ダビデ王の墓は男女別の入場で男性は帽子又はキッパを頭に乗せます。キッパは天の下に私達は存在し、神と同じでは無い事をあらわしているそうです。
シオン門から旧市街に…城壁に囲まれた場所はアルメニア人地区、キリスト教徒地区、イスラム教徒地区、ユダヤ人地区に分かれています。嘆きの壁も男女別の入場で男性は全員キッパを頭に乗せます。岩のドームは金色のドームが目立ち、旧市街の良いアクセントになっています。イエスが十字架を担いでゴルゴダの丘まで歩いたヴィア・ドロローサは沢山の信者の方が訪れていました。

午後は私達のホテルのあるパレスチナ暫定自治区のベツレヘムにてイエスが生まれた場所やマリアがイエスにてお乳をあげていたというミルクグロットを見学しました。

嘆きの壁と岩のドーム

イエスが生まれた場所

9日目

2017年5月26日(金)
ヨルダンに行く前にオリーブ山からエルサレムの町を一望し、急な坂道を下ってゲッセマネの園教会へ。エルサレムの町の観光は石畳の町が多く、かなり滑りやすいので要注意です。これから行く方は靴底が滑りにくい物を履いて行きましょう。
エルサレムから約45分でアレンビー国境へ。ここでガイドの西郷さんとドライバーのエリコさんとお別れです・・・ヨルダンのドライバーはMRハシムそしてヨルダンガイドMRモハメッドと再会です♪

美味しいヨルダン料理の昼食を済ませ、アンマン市内観光へ。

シタデルは紀元前12世紀のアンモン人の城で、ローマ時代、ビザンチン時代、イスラム時代にも使われました。
ヨルダン考古学博物館にはエリコから見つかった頭蓋骨など展示しています。
ローマ劇場は6000人の観客が入るというとても大きな劇場でした。

夕刻アンマンのクィーンアリア空港でチェックインしドーハ経由で帰国です。

ゲッセマネの園

アンマンのシタデル

10日目

2017年5月26日
カタール航空でドーハを経由して、ほぼ定刻で無事成田に帰国しました。
皆さまお疲れさまでございました!!