たびレポ ~添乗員・企画担当レポート~

【現地集合・現地解散】お米作り「田植え体験」と羽釜炊きご飯&新鮮卵のご昼食

企画担当/増田 祐亮(ますだ ゆうすけ)

5月下旬から6月上旬にかけ田植え体験イベントを実施いたしました。

開催場所である見沼たんぼは、首都近郊においては貴重な大規模緑地が広がり、田んぼ・畑・雑木林・河川や見沼代用水によってつくられる田園風景と生きものを育む豊かな自然が残されています。

そんな自然溢れる場所での田植え体験は、お子様だけでなく、大人の方も楽しまれていました。

~田植えを始める前に~

今回田植え体験を実施したのは埼玉県さいたま市に位置する『見沼たんぼ』。
ユネスコ・未来遺産に登録されており、古い歴史と美しい風景が残る田園地帯です。

田植えを始める前に、
まずは田植え用の格好に着替えていただきレクチャーがあります。

現地スタッフがお子様にも伝わるように苗の植え方をわかりやすく説明してくれました。

見沼たんぼ

田植えレクチャー

~田植えに挑戦!!~

レクチャーを終え、田んぼの幅いっぱいに広がり苗を持って記念撮影!
一反をすべて植えることが目標です!!


まずはみなさん恐る恐る田んぼに足を踏み入れます。

普段体験することのない感触に悲鳴?や歓声が挙がりました!!

目の前に張られたロープを目印に一本一本丁寧に植え付けをしていきます。

最初は泥に足元をとられ動きにくそうな様子でしたが、

3~4本ほど植えるとどんどんスムーズに!!

途中、現地スタッフの方が出すお米にまつわるクイズに耳を傾けながら
頭も体もフル回転!!

小さなお子様もお父さんお母さんと一緒に真剣に水面とにらめっこ。

田植え開始!!

お子様も一生懸命

~田植え終了~

休憩を挟みつつ、約60分ほどで田植え体験が終了いたしました。

何もなかった水田に鮮やかな緑が映えます!!

現地スタッフの指示通り1か所ずつ丁寧に植えたため、
綺麗に一定の間隔で植付けられました!!

田植え後の水田

~昼食タイム~

田植えが終わり、お待ちかねのお昼ごはんです!
メニューは羽釜で炊いたお米と、体験場所に隣接する浅子ファームで獲れたばかりのたまごを使って
「たまごかけご飯」と「豚汁」を用意しました!

協力して田植えを行った他の参加者様とも交流を図りながら、青空の下でのランチタイムをお過ごしいただきました!

昼食タイム

獲れたてのたまごを利用したたまごかけご飯

~おまけイベント~

今回のイベントは田植えをすることが主な目的でしたが、
せっかく田畑が広がる場所にお越しいただきましたので、
土いじり体験としてさつまいもの植付体験も行いました!!

他では田んぼに生息する生き物や、ファームで飼われているヤギとのふれあいを
楽しまれていました!

さつまいも植え付け体験

間近で見るヤギに興味深々