たびレポ ~添乗員・企画担当レポート~

【現地集合・現地解散】田舎体験イベント!稲刈り&はざ掛けお米収穫体験編

企画担当/増田 祐亮(ますだ ゆうすけ)

春の「田植え体験」、夏の「野菜収穫と流しそうめん体験」を実施してきましたが、今回はついに!メイン企画である「稲刈り体験」を実施いたしました!

2日間の開催で、お天気に恵まれた日と、少し雨が降る日と別れてしまいましたが、両日とも無事最後まで行程を終えることができました!

これまでは気に留めることもありませんでしたが、夏までは緑で一面を覆われていた田んぼが、秋になると一気に黄金色に変わりゆく様子に、自然のたくましさを感じました。

食育体験の要素を多く含む今回のイベントは、お子様だけでなく、大人の方も改めて「食」について考える機会となったのではないでしょうか。

~稲刈りを始める前に~

今回も『見沼たんぼ』にてイベントを実施いたしました!
ユネスコ・未来遺産に登録されている古い歴史と美しい風景が残る田園地帯です。

稲刈り体験は鎌を使用するため、まずは安全に取り組むための方法を現地スタッフが説明。

お子様もみなさん真剣に聞き入ってくれていたため、このあとの行程がスムーズでした♪

稲刈り前の田んぼ

刈り方のレクチャー

~稲刈りに挑戦!!~

レクチャーを終えたら、隣の方と一定の間隔を空けて田んぼに平行に並びます。

始めはぎこちない様子が見られましたが、2束3束と刈っていくうちにどんどん上達♪

はざ掛けを行うために結んだ稲がいたるところで積みあがっていきます!

初めて刈った稲に興味深々

結び方もお手の物!

~これもレアな体験?~

10/8の開催日はお天気にも恵まれたため、現地農家の方がコンバインを動かしてくださいました!
間近で見る大きな機械(乗り物)にお子さん達は少しドキドキしながら運転席に乗せてもらいました♪

大きな音と振動にびっくり!!

~お米の青空教室~

稲刈り後は、刈ったばかりのお米を使って手作業での精米行程を学びました♪

ご家庭でも用意できるものを使って、脱穀→もみすり→精米の一連の作業を体験!
初めて知るお米の秘密や、クイズを交えながら楽しく行うことができました♪

みんなで脱穀作業中。。。

雨の日は青空ならぬテント教室にて行いました!

~お食事タイム~

体を動かした後はお楽しみの昼食♪
今回は現地で獲れたご飯と豚汁!さらにホクホクのふかしいもをご用意しました!!

ご飯と豚汁はおかわりをする方も多くいらっしゃいました♪

あつあつの豚汁♪

じゃがバター♪

~イベント終了後~

昼食終了までがイベント本編ですが、今回も有志でのアフターイベントとして野菜の植え付け体験や、お届けするお米の袋に貼るラベル作成等を行いました!
ラベル作成は筆を使うため、苦戦する方が多いかと思いきや、みなさん米袋の雰囲気に合う作品を完成させることができました♪

本番前に練習

完成度が高い!!